埋金(まいきん)について

開運法には五気法といって木気法、生火法、土気法、埋金法、水気法があります。中でも取り分け効果が高いとされているのが埋金(まいきん)開運法です。

埋金の歴史は古くから古代中国よりもたらされ、開運効果・効力の絶大なることが実証されて居り脈々として今日まで伝えられ、受け継がれている開運法なのです。

考古学分野で日本でも古代の遺跡発掘から埋金が発見された例は数限りなく有ることは事実であります。

家相についても神社・仏閣はもとより一般の家庭でも家相の原則を守り家門繁栄・家内安全・身体健全などの祈願を行って埋金をしたのが家相埋金です。
現代社会においては諸般の事情から地形及び立地条件等により、家相上は昔以上に欠けを補わなくてはならない部分が多く、家相埋金の必要性は増して居るのが事実です。